家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

超光戦士シャンゼリオン

   アニメ&特撮が少し低迷期だった当時にやっていたシャンゼリオン。

   CGを多用したりとなかなか凝っている様であり、逆にミニチュア使用部分は妙にチャチくさかったりと

   出来が良いんだか悪いんだか判らない番組だった。

   大まかなストーリーは、主人公”鈴村暁”は探偵でハードボイルドにあこがれているのだが

   これがなかなか3枚目な感じにしかならなかったりする、仕事ではあんまり儲かってないので、

   事務所(兼暁の家か?)の家賃も滞納している・・・しかもその上好物のパフェもツケで食べる有様だ(^^;

   そんな彼がひょんな事からシャンゼリオンとなるエネルギーを浴びてしまい、ある意味で彼が夢見た

   ”オレがヒーローだ!”と言う事が実現してしまう、そして異次元からやってきた敵と戦うのだ。

   こう言うとありがちな話のようだがシャンゼリオンの違うところはヒーローになっても

   暁は相変わらずでひょうひょうとした感じで全然ヒーローらしくならない所だ、

   まさに新しいヒーロー象の誕生であったのだ・・・がそれがまた災いしたのか番組の人気はイマイチ・・・

   でも何の偶然かワシのまわりの奴らには結構好評でコレが好きだと言う奴も多い、

   やっぱり大人受けする物だったのかもしれない。

   その後もちょっとお気楽な主人公と言うのは何人か出てくるのだがこいつほどのは見ない・・・

   ワシも非常にお気に入りだ。

   この作品にもおなじみの特別組織があるのだが、なんと!これも特撮史上初だと思うけど

   途中で正規の組織として認められなくなり予算が無くなり助手は逃げていくしエネルギーは

   確保出来ないし・・・長官(?)が私財を投げ打って借金までして活動して行くのだ。

   そして個性的な敵軍団、特に中盤から登場した黒岩さん(本名忘れた)、

   なにか事あるごとに「知っているか!、XXはXXXX年にうんたらかんたらで・・・XXだったのだ」

   とウンチクをたれる、それが印象強くさらに変身の「ブラックアウト!」がかっこいいと言って

   友人の某Rさんは非常にお気に入りだった。(思い出した、黒騎士ガウザーだ)

   登場する役者は全然見た事無い人ばっかだったけど明らかな大根は余りいなくてそういう意味では

   良い作品だと思うのだが・・・なお後の作品でもこれらの人達は見ない、どこへ行ってしまったのだ?

   そうそう!2代目助手の桐嶋るい(本名は綾小路麗華だったよな?)をやっていたのは

   のちの四代目・五代目ミニスカポリスのミュウポリスこと松井友香だ。

   ちなみに助手が変わったのは初代の役の娘が当時まだ学生で夏休みが終わったから

   出演できなくなったと言う事らしい、雑誌にそう書いてあった・・・すげえ話だ。(^^;

   その後どうやら冬休みになった様でまた数回登場した。

   (追加・・・黒岩さんの人は今アギトで謎の男を演じている)

   こいつの最終回もちょっと色々な意見があるのだが実際どう言う設定だったんだろ?

   同人誌でこいつを扱った物も結構あるので今度探してみよう。

   なんか拍子抜けする感もあるが、ワシ的にはおっけいな終わりかただと思う。

   追加その2・・・いよぉぉぉぉし!!待ち望んだ暁=萩野崇の特撮再登場だぁ!

   平成14年放送の仮面ライダー龍騎でライダー王蛇として登場、・・・でも悪役だけどね、

   でもかっこいいんだこれが・・・


            

シャンゼリオン

   暁がシャンバイザーを使い”さんぜん”(漢字忘れた)の掛け声で変身する、

   武器は剣のシャイニングブレード、銃のガンレイザー、爪付きの手甲のシャイニングクロー、

   何のためかは知らないけどレイザーとクローにはCDを入れる、アレは何なんだろ?

   たしかブレードとガンレイザーは合体ができる。

   そして必殺技はシャンゼリオンをかたどった光の粒子(ゲル状みたいに見えるCGだったが)

   が敵の身体を貫通するシャイニングアタック、本人が突っ込まないので安全だぞ!

   デザインコンセプトは「はごろもをまとった鬼」だそうだ。

   さておもちゃだけど、こいつはでっかいDXの方、写真は無いが背中のボタンを押すと

   胸のCDの真中が緑に光り「シャイニングアタック!」と叫ぶ、声は聞き取りにくい(^^;

   最後の二枚はねじを外してメットをとってみたが残念ながら目の部分にサングラスのパーツが

   はまる様になってるので目のモールドはなかった・・・残念だ。

   全体的な造形は良く出来ていると思うので飾ったりするのには良いと思う。

   サイズと言い見た目と言い変身サイボーグみたいな商品に思えるが、関節はあまり動かない、

   肩は横には6枚目の写真の位置までしか上がらないし肘も画像のとこまでしか曲がらない、

   ひざは二重関節で結構曲がるのになぁ・・・脚も前後にはあまり動かない。

   武器が全部メッキなのは良いような悪いような・・・このキャラはキラキラが売りだから仕方ないのか?

   欲を言えばカラー版と両方欲しかったな、全身画像では合体させた状態の

   スクラムブレイザーを持たせてある。

 

シャンゼリオン (小)

 

リクシンキ (陸震機)

 

クウレツキ (空烈機)

 

ホウジンキ (砲神機)

 

シャンバイザー

   

 

TOP 前ページ